ここから本文です

最新の情報!

[ドバイ 4日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のエネルギー庁は4日、タウィーラ地区に脱塩工場を建設するプロジェクトに複数の企業連合から7件の応札があったと公表した。提案内容を検討しているという。
同庁の声明によると、生産コストは1000ガロン当たり8.26ディルハム(2.25ドル)まで抑えられる見込みだという。
応札した企業連合には、サウジアラビアのACWAパワー、仏エンジー、韓国サムスンエンジニアリングのほか、日本の住友、丸紅、双日などが含まれている。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
Abu Dhabi studying tenders for developing Taweelah desalination plant [ID:nB2N1WR00P]
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>
(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)