IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

伊藤忠の場合、一度提示した予算や配当を下方修正することはないので、
景気や資源価格が変動しても、株主としては安心して推移をみることが出来る。
今回は3年間の配当を明示しているのでひと際安心感が有る。