IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

資源非資源の区分は、十何年も前から貿易記者クラブ向けに各社開示しているもの。不備が有れば各記者から都度指摘を受けるので、内容については一定の信頼性はあると考えられる。
投資先会社の資源分野の扱いは一般株主には明確には開示されていないが、CITICにしても事業の主力は金融分野等であり資源分野の割合は少なく、もしあったとしても伊藤忠の取り込み利益は僅少で、大勢に影響は無いはないと思う。
大枠として、資源非資源の割合は図のイメージ通りであり、非資源分野での成長事業をどう作って行くかが商社の将来を大きく左右すると思う。