IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投資は自己責任でね。

明日の岡藤劇場(決算発表)のみどころ
昨期業績は、三菱商事4500億 三井物産3150億 住友商事1400億の利益が予想される。
(減損の計上等で増減があるが日経の記事にどこも異を唱えていない)
その中で、伊藤忠のポジションを社長がどう位置づけるかが明日の見所。
不思議なほど年初来沈黙を守って熟慮している様子が伺える。
商社2強というなら何らかの形で4000億は見せなければならないと思われる。
3700億程度だと三井物産と同じ2位グループで、御三家括りになってしまう。
さらに住友商事も今日株価を1500円台に戻してきた。今期も好調な見通し。
そうすると株価1500円3社がひとつのグループとされ、四天王時代に戻る事になる。
商社2強の面目を維持するには、最低でも3850億の利益(丸めて3900億⇒ほぼ4000億)
が必要に思われる。
また、今期三菱商事の利益見通しが4500億であるなら、伊藤忠が来期4000億円に
いくら上積して見通しを出せるか次第だろう。
今期3750億円なら 来期4200億円以上が2強と言い続ける最低ラインではないかと思う。

三菱商事  個人予想 前期4500億円 今期4500億円 現株価2524.5円 
三井物産  個人予想 前期3150億円 今期3200億円 現株価1581.5円
住友商事  個人予想 前期1500億円 今期2100億円 現株価1502.5円
伊藤忠商事 会社予想 前期3500億円 今期4000億円 現株価1596.5円

岡藤劇場開演まであと少し。何かサプライズがあるはず。何も無い逆サプライズも含めて楽しみだ。