ここから本文です

銀行は紙の通帳を使う口座を維持するため、
1口座当たり年間200円の印紙税を国に支払う必要がある。
国税庁によると銀行業界全体で2015年度に負担した税額は約726億円に上る。

このため、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクでは
紙の通帳の発行を有料化したり、
毎年の維持手数料を取ったりとの案が浮上している。

もし、これが実行されれば口座解約してタンス預金が多くなりそうですね