IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>984

PS5売上と任天堂株価の相関関係

さて、PS5が売上を伸ばせないのではないかとの懸念を提示しましたが、問題はこれが任天堂の株価上昇につながるのかという点です。
自分の個人的予測からすると、「大きな相関関係は無い」という結論になります。
PS5が売れない場合、市場のパイの原理的にswitchの取り分は増えるでしょう。相対的な任天堂への期待感は高まります。
しかし、反面PS5が売れない事でゲーム業界全体、特に家庭用ゲーム機に対するネガティブな将来予測の蔓延が懸念されます。
スマホは勿論クラウドゲーミングに米巨大企業が参入する中、前世代王者のPSがコケたと成ればアナリストの論調は厳しくなるでしょう。
一方で予想に反してPS5が大きく売上を伸ばした場合はどうでしょうか。
その場合switchのパイは減ってしまいます。
しかし、それは新規顧客に関する増加が減速するに過ぎません。switchは既にビジネスに十分な本体台数を販売済みなので、今後発売するソフトの売上が急激に鈍る可能性は極めて低いのです。
また、やはり任天堂がライトユーザー層への強い訴求力を持つ事実に変化は無く、PS5が売上を伸ばしても、switchがともに売上を伸ばして市場自体を拡大する可能性が有ります。
そうなれば家庭用ゲームセクターへの信頼度は上がります。
この様に複雑な要因やモメンタムが絡み合う為、PS5と任天堂株価における単純な相関関係という物は測りにくいと考えます。
無論単純でない以上、自分の考えに反して強い相関関係を示す結果がでるかもしれません。その程度には複雑な関係だと理解しておくのが無難でしょう。