IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今の半導体は製造に時間がかかります。層が二十くらいあり、露光や洗浄、スパッタリングを繰り返しますから3ヶ月前後はかかると言われています。さらにラインの予約もしなければなりませんから、生産計画から数えるとさらに時間がかかります。半年前から指示をしておかないといけません。

いくら売れすぎても簡単には増産できないのです。

やれることは半導体を仕掛かりのまま在庫することですが、スイッチの中で半導体のコストは最大なことと、スイッチ専用のため他に転用できないので、大規模な在庫の積み上げには抵抗があるのでしょう。

しかし売れるのですから、ある程度の在庫の積み上げは覚悟して生産数を増やす決断をすべき時期なのかもしれません。

在庫があると新製品に切り替えてた際に、旧製品の売れ残りのは懸念がありますが、それこそ製品の種類を増やし、新製品と旧製品を並行して販売できるような製品のラインナップを構築すべきです。

今のスイッチならそれは可能です。