ここから本文です

>>12

>➁「このIRは東証から文言について御指導頂き、東証からどうしても22日に出せと言われたために22日に出しました。」

東証がそのような指導をしたとしても、果たして任天堂が従う義務があったのかどうか。仮に、従わなくてはならない義務があり、やむを得ず従ったということが判明すれば、株主たちの怒りも、いくらかはおさまるでしょう。

私が述べたこの問題を些細な事だと受け取る人もいるかもしれませんが、意外と重要なことですよ。

なぜなら、味方であるはずの任天堂に、後ろから背中を銃で撃たれたような気分になり、怒りにまかせて株を投げ売りしている人も多いからです。しかしそれが、東証の強制力によって為されたものであり、任天堂の本意ではなかったことが判明し、誤解が解ければ株主たちの見方がだいぶ変わります。

そして、再度買いなおそうという気持ちに繋がるわけです。

というわけで、任天堂の株主さん。
株価を少しでも上げたいと思ったら、会社のIRに電話をしてこの問題について言及してみてください。