ここから本文です

ゼルダ夢島は、ゲームボリュームと価格の関係を考えさせてくれます。このソフトは昔のゲームボーイ用のソフトのリメイクですから、ゲームボリュームは昔のままのはずです。それに5700円の値札遠つけるて利用者のが評価を得ると言うことからは多くのことがわかります。

値段に応じた妥当な満足感を提供できているのかということです。

もそれが実現されているなら、任天堂のソフトライブラリは大金庫になります。

また誰に評価されたのかを任天堂が調べることからも多くのことがわかります。

今後のリメイクの作り方もさらに良くなるでしょう。

任天堂が停滞するようなことが言われているようですが、任天堂の停滞というからには、任天堂全体に対する総合的な評価でなければなりません。

一部だけで全体を評価するなんて、子供でもやらないでしょう。もしそうならイヌネコ並の知能です。