IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ゲーム市場

任天堂は家庭用ゲーム機における最初の継続的成功を成し遂げ、初めて家庭用ゲーム機市場というパイを生み出しました。
ソニーは自前の強力な販売網を活かし、その市場を日米以外の世界へと拡大しました。
対してMSは・・・
基本的にパイを増やすことはせず、奪う事だけしています。典型的な巨人の思考ですね。
現在後者の巨人型企業がもてはやされる傾向が強いですが、本当に強いのはパイを生み出せる企業です。
任天堂の中国進出が近付いています。
中国には家庭用ゲーム機市場が無いと言われています。
しかし、それは任天堂とって悲観すべき事じゃありません。
既に誰かに席巻されている市場が有るよりずっと良い。(スマホPCは実質別市場です)
自ら切り開き、育てられる巨大市場。
それは魅力的です。
しかも、規制によって独占的に開発出来るのは有り難い。