ここから本文です

これは僕の考えと前置きして、前期2000万台目標が1700万台、残った300万台はバッテリーを改修してマイナーアップデート。今期は本家スイッチの生産を前期の半分1000万台とし、年中盤から投入するライトは500万台の予定ではないかと、これで300+1000+500=1800万台となり今期の目標台数になるし、前期の半分の製造であれば過剰生産にはならない。ライトは年末商戦を挟んでの品薄展開になるのは間違いなく争奪戦を演出して本家スイッチへの呼び水とする戦術か?