ここから本文です



 同メディアは、『Nintendo Switch Lite』にJoy-Conが実装されていないことに注目している。というのも、『Nintendo Switch Lite』は多くのSwitchゲームがプレイできると言われているが、Joy-Conが実装されていないためにゲーム体験が制限されてしまうからである。別売りのJoy-Conを購入すれば『Nintendo Switch Lite』でも利用できるものも、周辺機器を追加購入してしまうと『Nintendo Switch Lite』の最大の魅力である廉価の意味が薄れてしまう。それゆえ、『Nintendo Switch Lite』はJoy-Conによるモーションコントロールに対応していないカジュアルなゲームをプレイしたいユーザにおすすめ、と評している。

 『Nintendo Switch Lite』を『Nintendo Switch』と比較した場合には制約つきでしか推奨できないのだが、『Nintendo Switch Lite』を『Nintendo 3DS』と比較した場合、評価が異なってくる。「制限つきSwitch」から「Switchのゲームがプレイできる最新携帯ゲーム機」に評価が積極的なものに転じるのだ。そして、『Nintendo Switch Lite』と『Nintendo Switch』のあいだにある緩い互換性によって可能となる据え置きゲーム機と携帯ゲーム機のクロスオーバーこそが今後注目すべきことである、とも評している。

成功が約束された年末商戦

 『Business Insider』も12日、『Nintendo Switch Lite』を『Nintendo 3DS』の後継機として位置づけた考察記事を公開している。同メディアは、『Nintendo Switch Lite』発表のタイミングが『Nintendo 3DS』による売上高の下降が決定的になった時期と一致しているのは偶然ではない、と指摘している。この「見かけ上の偶然の一致」は決して偶然ではなく、『Nintendo Switch Lite』を投入することによって任天堂の携帯ゲーム機による売上を再び上昇させることを意図している、と解釈できるのだ。