ここから本文です

中華圏のとある屋台でお釣りをもらった時、
自分の手のひらに違和感があった・・・

お釣りの硬貨と一緒に注文した料理のタレが
手のひらにべったりとくっついた。(・_・;


右手が硬直した!
どこで洗おう・・・


屋台、料理、任天堂スイッチの光景はしっくりくる。

スイッチのモバイル性は中華圏でも受け入れられるはず。
スイッチは機能性が増した分、
デリケートな感じがします。
衛生状態は日本と中国は違います。

あのセンサーのような穴に筍やタレが入ったら、どうなるんでしょうか?

日本のメーカーは壊れない!が
先にあっての機能性だと思います。

私はアンチ任天堂ではないですよ!