ここから本文です

逆張りが好きなので、ヤフーの株式ランキングでは年初来安値と信用倍率下位をよく見る。お宝になりそうなものはないかとね。材料がそれほどあるように見えない東邦ガスがきれいな右肩上がりのチャートを作っているのを見ると、空売りの踏み上げが適度に混ざらないとこんな風にはならないのだろうなと考える。現状割高だし、空売りしたくなるのもいけないとは言えない。
 一方、任天堂は好材料で個人が信用で買うので、安値引きはがしのカモになりやすい。信用倍率が上位になったら、信用買いには気をつけた方がよいだろう。