IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

スイッチでバーチャルコンソールがサポートされないということは、バーチャルコンソールに対応していた過去の優良ソフトはUNIX 環境に移植されるということになり、任天堂環境のオープン化に備えることになります。

任天堂のソフトでバーチャルコンソールに対応していたソフトは約500本あり、これらが移植されることになります。

移植のやり方としては、元のスタイルを忠実に再現しながら現代化するやり方と、元は単なる原作として使い作り直しに近いやり方があります。

公開方法は前者は任アカ登録者に無償公開し、後者はポケモンピカブイやゼルダ夢島のように新作と同じ値段で販売する場合があります。テトリスは例外です。

これらの優良ソフトをあるUNIX 環境に移植すると、そこから他のUNIX 環境に移植することは簡単なことです。なぜなら各UNIX 環境は姉妹関係にあり、命令セットが異なるだけで他は共通なので、原理的には再コンパイルするだけで移植できます。

現在のUNIX 系の環境は、グーグル系のスマホとサーバと家庭端末、アップル系のスマホとパソコンとサーバと家庭端末、マイクロソフト系のパソコンとサーバ、ソニー系のゲーム機、任天堂系のゲーム機、などです。

そうです。ほとんど全てのコンピュータがUNIX 系で、オープン系ということです。

トヨタですら自動車のソフト開発はオープン環境でやることを決めました。世界は共有のOS環境の上で動くようになります。

任天堂の約500本の過去の優良ソフトがUNIX 環境上に移植されることは、スイッチ上に移植されることと同じことです。

そして任天堂がスイッチでバーチャルコンソールをサポートしないということは、任天堂ノ過去の500本の優良ソフトがUNIX 環境に移植されること、すなわち全てのコンピュータに移植されることを意味します。

プロのアナリストなら、任天堂がスイッチでバーチャルコンソールをサポートしないと宣言した瞬間に、マイクロソフトやグーグル、アマゾンなどのシステムに、任天堂の全てのソフトが移植されることに気がつかなければなりません。

しかしそんは文章を読んだ記憶はありません。アナリストは任天堂の本質が見えていません。枝葉の揺れを見て騒いでいるだけです。彼らの予想が大きく上下するはずです。