ここから本文です

私が抱く最大の懸念は、大半の人が今年や来年初めにリセッション(景気後退)に陥る公算は全くないと考えていることだ」とし、「概して皆が幸福で自信にあふれている時、問題が起きるものだ」と語った。