ここから本文です

株式取得する北米2社。株の取得によって、それぞれの企業に対して51%の議決権を握るとのこと。ということは子会社扱いとなり、北米2社の業績は全て合算される。

18年3月期の業績で見ると、北米2社の売上の合計は約340億円。ということは、20年3月期の業績予想で、売上に340億円程度は加算されるということ。比率からいうと、この北米2社の子会社化だけで15%程度増収となる。

国内が頭打ちの状況、海外展開が本格化してきた。