ここから本文です

金型の技術は日本が他国に追随を許さない世界に冠たる技術である。三井化学はその技術を自動車に利用しているが、自動車産業の将来性を見極めてこれからは他の有力産業に技術開発をする必要がある。宇宙産業がその一例である。宇宙ごみの回収事業が事業化されるようである。そのような事業に新規投資をすることによってアークの再生を図るべきである。