IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

お疲れ様です。

ここ最近は、決算見る時にショート候補を意識していたのに、
今回はノーガードで喰らってます(笑)
さすがに昨日の引け近くで信用買いしたのは、微益撤退しました。
結果的には、手仕舞う銘柄選定が間違いでしたが(/ω\)

28000円が調整の下値メドかと思いましたが、
決算ピークの2日を残して、タッチしてきました。
完全にテクニカルは下値探る感じですが、
調整完了か、終わりの始まりか、難しいところですね。

コロナ耐性のできている日本が、台湾に連れ安するというのも、
少し前までのような最弱日本株に舞い戻ったとようですね。

  • >>229

    ということはリバ・ダイトケミ、手放しちゃったんですか?

    今の日本株は、1か月くらい前に野口悠紀雄が書いていたことと、アメリカの自律調整の相乗効果かなと思います。野口氏は、日本経済はコロナ被害が少なかったためにリバウンドも小さい上、景気敏感産業がしょぼいので21年以降の予想GDPの伸びが最も小さい、と書いていました。21年3月期決算発表が進めば進むほど、22年3月期、23年3月期の伸び・もしくは停滞が意識されるでしょう。ダイトもあんな予想を出しているようでは、AI Inとともに、またぞろ売られて底知らずになるのではないですかね?

    とかいいつつ、今日、フル金、「非鉄金属界のAI Inside」とかいう投稿を見つけて、なんだか楽しい気持ちになり、「そんならリバがあるだろう」的な軽いノリで買ってしまいました。S安から何度か離れましたが、丸坊主なんで、チャート的にはまだ下げそうですね。Jigはさすがに手放しましたが、こちらの方こそ、買い直せばよかったかもしれません。