ここから本文です

電力会社はスマートフォンで切り替える時代に ネット申し込みをサポートする「エネEntry」スタート


 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、電力の小売り自由化時代に対応し、スマートフォンだけで電力契約の切り替え申し込みが完了するサービス「エネEntry/エネエントリー」を9月から開始します。「エネエントリー」は、スマートフォンのカメラ機能を活用し、契約の切り替え申込みと証明書類の送付を電子的に行える新電力会社向けのソリューションです。契約者宅に届く検針票をスマートフォンのカメラ機能で撮影し、画像データとして取得。加えて、電力使用量や利用料金などの記載内容を光学式文字読み取り(OCR)機能によりデジタル情報に変換することで、申し込み時の煩わしい入力を補助します。これにより申し込み手続きに必要な各種情報、証明書類を即座に送付することが可能です。また、検針票の内容から電気料金のシミュレーションを行い、利用状況に応じた適切なプランを提示するなど、新電力会社の営業活動をサポートすると同時に運営コストの削減を実現します。

背景
 2016年4月から開始される一般家庭への電力小売の全面自由化は、顧客件数約8,420万件、市場規模は約7兆5,000億円*とも言われています。電力の小売自由化を有効なものにするには、電力事業者間の契約変更を簡単な手続きのみで実現し、電力市場の流動性を高める必要があります。
 「エネエントリー」は電力契約の切り替えを簡略化し、契約者と電力事業者の両方の利便性を高めることで、電力市場の流動性向上に貢献します。

今後の展開
 トッパンフォームズは、「エネイージー」や「WebBureau/ウェブビューロー」などの請求書類の電子化ソリューションに加え、「エネエントリー」をはじめとした申し込み業務の電子化ソリューションを充実させていきます。それにより、契約の切り替え業務から料金の請求業務まで一貫したサポートを行い、多種多様なニーズにお応えできる体制を整え、デジタルメッセージングソリューション全体で2015年度に10億円の売上を目指します。
 なお、トッパンフォームズは2015年1月28日から30日に東京ビッグサイトで開催される「新電力EXPO2015」において、「エネエントリー」の展示を行います。