IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


データ提供:prtimes

ーー有機ELの世界市場は2027年まで年平均成長率13.6%で成長する見込みーー

2022年03月16日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、
有機ELの世界市場は、2021-2027年の予測期間において13.6%以上の健全
な成長率が見込まれています。

有機ELの世界市場は、2020年には約338億米ドルとなり、2021年から2027年
にかけて13.6%以上の健全な成長率で拡大すると予想されています。

市場の概要:

有機ELは、発光ダイオード(LED)の一種で、発光層である有機化合物の
膜が電流に反応して光を発生させるものです。
この有機層は、2つの電極の間に挿入されており、そのうちの1つは透明である。
有機ELは、パソコンのモニターやテレビ画面、携帯ゲーム機やスマートフォン
などのデジタル機器のディスプレイとして主に採用されている。
有機ELには、高分子を用いたものと、微小な分子を用いたものがある。
有機ELディスプレイのスマートフォンへの急速な普及、テレビや
スマートフォンのユーザーによる視聴体験の向上に対する要求の高まり、
政府による有機EL照明研究への資金援助の増加が、世界的な市場の成長を加速
させています。

フルヤ金属は、こうした有機ELに不可欠な燐光材料を世界シェア90%で
供給していますから更なる成長が期待されます。