IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ここの株価の動きは、所謂、変動幅ボラトリティーが大きいというのが
最大の特徴です。

少ない出来高、少ない資金で株価の操作的な上下動を実現できるという
特徴があり、それだけにここに棲みつく空売り機関投資家にとっては
非常に大きい銘柄と言えるでしょう。

今年の3月~現在に至る迄、株価が大きく下落して数日後には株価復帰
したケースが3回ありました。
そこでの特徴は、空売り機関の買戻しを機敏に行い長く下落した状況に
放置せず2~3日後には、買戻しを実行し下落全の株価以上に上昇させ
ているのが分かります。
つまり、1回の大幅の下げを利用し上下動で2度美味しい思いをして
いるのです。上手く立ち回っているものだと感心します。

(確認結果)
 1. 3月4日の場中の動き:始値9140円、安値8500円
   翌3月7日の場中の動き:安値8130円
   (2日間で9140円から8130円へ990円の下落)
   その後、
    3月8日の場中の動き:始値8200円、高値8760円
    3月9日の場中の動き:始値8800円、高値9450円
   (株価急落5日後には、何んと安値8130円から9450円
    へと1320円上昇している)

 2. 3月25日の場中の動き:始値10440円、安値10100円
   翌3月28日の場中の動き:始値10220円、安値9580円
   (2日間で10440円から9580円へ860円の下落)
   その後、
    3月29日の場中の動き:始値9720円、高値10200円
    3月31日の場中の動き:始値10800円、高値10450円
   (株価急落3日後には、何んと安値9580円から10450円
    へと870円上昇している)

 3.今回5月12日終値9070円から安値7570円へ1500円の
   大幅下落した。
    5月13日の場中の動き:始値7990円、高値8160円

本日は、前週のNYダウ、ナスダック上昇、SOX指数大幅回復、更に
欧州株価も大幅上昇、日経平均株価先物も上昇。

空売り機関も、下げの含み益実現と株価上昇利益のダブル利益実現の
絶好のチャンス到来。

過去のパターン、機関の動きから見て、本日のフルヤ金属の株価上昇は
間違いなく期待できそうです!!!