IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>> 日本感染症学会は4月23日、新型コロナウイルスの抗体検査に用いられる4種類のキットについて検討した結果を公表し、「感染症の診断に活用することには推奨できない」との考えを示した。感度は、A社2/5、B社0/5、C社3/5 、D社4/5—となった。⼀⽅、特異度についてはいずれも 5/5 だった。学会では、「性能は、キット間の差が⼤きい可能性がある。⾎中の新型コロナウイルス抗体を検出するキットには、定められた評価法がない。今後、抗体価の測定が可能な enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA)など、精緻な⽅法を併⽤して評価することが望まれる」と考察している。by 4/24 日本感染症学会より

>>  Prometheus Bio 社の Coronavirus IgG/IgM Antibody (COVID-19) Test Cassette は、 血液、血清及び血漿中の 2019-nCoV に対する抗体を検出する体外診断薬用のイムノアッセイであ り、新型コロナウィルス感染による免疫能獲得の存在を示唆する抗ウイルス抗体を検出すること が可能であり、2020 年 3 月 18 日付で CE マーキングを取得している検査キットです。以下略
by 4/27 3DMのIRより


4/24付けの日本感染症学会で、既存の抗体の有無が確認できる検査キットよりも、3DMが開発を行うイムノアムッセイ(ELISA)の抗体価の測定が可能な検査キットの方がアドバンテージを持っていることがはっきりと記載されてますね…

正直なところ、テラやアンジェスのような成功するかどうかもわからないワクチン開発よりも、既存のコロナのELISAで抗体価が出すことのできる最先端の検査キットの技術を改良して世に繰り出せる3DMの方が、製品化の目処としてかなり有力なんですが😅

ガッチリマンデーですね…。