ここから本文です

10月19日からスペインのバルセロナで開催される、消化器内科領域ではヨーロッパ最大の学会である UEG Week 2019 の参加企業の中に、3-D Matrix の名前がありません。

本来なら落胆すべきこの情報は、今回に限っては喜ぶべき情報となります。

今年の UEG Week には FUJIFILM と共同での参加となることが、3-D Matrix.com 上で公表されております。

This year 3-D Matrix is collaborating with FUJIFILM to exhibit at the United European Gastroenterology (UEG) Week Barcelona 2019.

さて、ケチ臭い事ですが、単独参加していたとしていたら、どれくらいの資金が必要だったのかを計算してみました。( ´∀`)

参加料金: Exhibitor 130,000 ユーロ (約 15,600,000円)
ブース賃貸料金: 1㎡ あたり 800 ユーロで最小面積 9㎡から。(約 864,000円)

他にも細々とした料金が必要となりますが、Exhibitor として参加するだけで、1600万を超える費用がかかるという事ですね。

おそらく、FUJIFILM との契約には、「 重要な学会での共同プロモーション活動」が含まれていますので、今回の参加料の大半は FUJIFILM 側が負担しているものと思われます。

広い展示ブース。プログラムや会場における広告の設置。企業シンポジウム。単独では不可能なこれらのプロモーションを FUJI FILM の力を借りて行えると言うのは、美味しいですね。( ´∀`)