IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ホウ素中性子捕捉療法事態は、アメリカで開発されたもので、かなり古くからあるものです。しかし、実際の治療法としての進展は日本で行われ、技術的にも臨床数的にも、我が国が世界を大きくリードしています。

この治療法は、がん細胞に取り込まれたホウ素化合物に対して中性子を照射し、核分裂を起こすことでアルファ粒子とリチウム原子核を発生させ、それががん細胞を破壊するというものです。

これだけを聞くと、かなり物騒な治療法に聞こえるかもしれませんが、実際には、核分裂で発生する粒子の到達範囲が、最大で 9マイクロメートルにしかならず、これが細胞の大きさを越えないことから、周囲の正常細胞に一切影響を与えることなく、ターゲットとなるがん細胞だけを破壊するという、まさに理想的な放射線治療となるのです。

現在、中性子を発生させる加速器であるサイクロトロンの小型化も進み、大がかりな専用の施設を別途建設する必要なく、一般の病院でも敷設できるようになってきています。

このように、まさに日本が世界に誇れる医療技術となりうるのがホウ素中性子捕捉療法なのですが、唯一最大のボトルネックが、ホウ素のがん細胞への送達だったのです。

これまで様々な送達用のキャリアが試されてきましたが、何らかの難点があり、これならと言えるものはありませんでした。そこに登場したのが、3-D Matrix のDDS である A6K とホウ素製剤の一つである BSH を合成した複合体です。

この複合体は、ホウ素をがん細胞に特異的に送り込むことができる事が岡山大学の研究により明らかになり、その技術に関する特許申請が為されていましたが、それが認められたという訳ですね。

この技術により、唯一のボトルネックが解消されれば、ホウ素中性子捕捉療法は一気に花開く事が予想されます。これにより、どれ程多くの患者が助かることでしょうか。多種多様なガンに対して適用できるとされる本療法。早期に始まるであろう臨床試験に期待したいと思います。