IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>今回の資金調達の主な目的は、米国での癒着防止材や創傷治癒材の販売拡大に向けたプロモーション及び営業体制構築費用、止血材や研究開発中パイプライン用の原材料調達費用、日本におけるその他の外科領域での止血材の製品化に向けた開発費用、DDSの研究開発費用、欧州における粘膜隆起材の開発費用等となる。
調達予定額は2,639百万円で、このうち1,299百万円は新株予約権付社債の発行により4月15日に調達し、残りは新株予約権の行使によって調達していくことになる。
新株予約権付社債の株式転換、並びに新株予約権の行使がすべて実施された場合の株式希薄化率は16.91~24.89%となるが、今回の資金調達によって同社の財務基盤の強化が図られると同時に成長に向けた投資が進むことになり、前向きなファイナンスとして評価される。<<

来月終わり頃までに何とかしてもらいたいところですねーー