ここから本文です

前から気になっていたのですが、株式会社アイル-板橋中央病院が上場時からずっと大株主なのですが、高値時も手放したことがなく単なるキャピタルゲインを目的とした投資のように見えないですね。
扶桑、伊藤忠ケミカルも同様ですが、この2社は業務提携しているので納得できますが、どうなんでしょう。
現金は逼迫してきているけど、なぜか会社側には余裕が感じられますね。