IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

中間決算説明会資料にも次のように書かれている。

➢ BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)用ホウ素製剤
その他DDSとしての応用開発

• ホウ素薬剤をがん細胞に集中取り込み、中性子照射にてがんをピンポイント攻撃する(岡山大学と共同研究)

• マウスモデルにおいて、特定のがん細胞への薬剤取り込み促進を実証(Journal of Controlled Release掲載予定)

• 悪性脳腫瘍(グリオーマ)治療用途に向けた、非臨床試験の進行中

この最後の記述。「治療用途に向けた、非臨床試験」の後、どの位の期間で臨床試験が開始されるか。

ホルダーとしては楽しみにしている。

この間に、ステボロニンには可能な限りの実績を挙げ、BNCT の知名度をアップさせて頂きたいところ。大いに期待している。