IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>39

グランパさん

返信ありがとうございました。

あの世界的大企業、富士フィルムがPuraStatのマーケティングを加速していることが全てを物語っていますよね。

私や売り方さんが何を言おうが、機関が空売り入れて株価下げようが、3DMに将来性があることは間違いありません。

富士フィルムが最も力を注いでいる分野が医療・医薬品とヘルスケア分野。扱い当初は内視鏡の販売促進ツール位にしか捉えていなかったものが、内視鏡後出血防止機能やRPなど難病治療効果が次々と確認され、富士フイルムも棚からぼた餅、嬉しい誤算だったのではないでしょうか?

バンダリ先生と英国医療POPSには感謝しかありません。

3DMの開発力と製造原価半減に富士フィルムの信用と販売力が加わり、今後の発展に疑う余地ありませんね!