ここから本文です

ムンディファーマは、このたび、Kolon Life Science社(KLS社)と契約金が最大で6億米ドルとなる複数年契約を締結し、日本におけるInvossa®の独占的な権利を取得しました。

Invossa®は、変形性関節症(関節炎のうち最も多い病型[i])による疼痛症状に対して、手術をせずに長期的な効果が望める、世界で初めての細胞を介した遺伝子治療です[ii]。

日本で実施した調査では、40歳以上の男女それぞれの変形性膝関節症の有病率は42.6%と62.4%に のぼり、国内の潜在的患者数は3100万人以上になると報告されています[iii]。変形性関節症のリスクは加齢と共に大きくなり[iv]、日本は世界で最も高齢化が進んでいる国です[v]。
ttp://mundipharma.co.jp/1414