ここから本文です

J−TECはビジネスモデルも確立し、財務内容も心配するほどのものではありませんし将来性も有望です。

そして、ここの800円台は久々の安値。
機関筋はここから更に下げを煽ってますが、買方にしてみれば安いのも事実で、なかなか牙城を崩せず苛立ちを板から感じる。買方の板もかなり厚いのも事実。
大量にカラ売ったものは、最終的に買い戻さなければなりません。
ホルダーの方もその時まで待ちましょう。おもしろい事になります。