ここから本文です

人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を再生医療用に備蓄し、研究機関などに提供する京都大iPS細胞研究所の「ストック事業」を、京大が公益財団法人などの外部組織に移管する方針を固めたことが18日、分かった。
 関係者によると、新たな知見を求める基礎研究と、高品質な細胞を大量培養するストック事業では、作業面などで求められる設備や人材、運用が異なる。このため研究や教育に主眼を置く大学で両立するのは困難と判断し、外部に移管する方向で国と調整する。
 京大は20日の文部科学省の専門部会でこうした方針を説明、部会は来夏までに事業の在り方についてまとめる予定。事業は文科省の再生医療に関するプログラムの一環として2013年度に開始し、大半を国費で賄ってきた。外部に移管し、寄付や備蓄細胞の販売収入などでやりくりできる体制を目指す。京大は今後も科学的な部分で関与するとみられる。
 事業は、健康な人の血液や臍帯血(さいたいけつ)から作った拒絶反応が起きにくい型のiPS細胞を備蓄し、研究機関や企業に迅速に提供する仕組み。患者自身からiPS細胞を作るよりも、時間や費用を抑えられる。ストックのiPS細胞は理化学研究所や京大の臨床研究や治験に既に使用されている。
 事業を巡っては、iPS細胞作製の際に試薬を取り違えた可能性が17年1月に発覚、提供を一時やめる問題が発生した。

ここかもな!