IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

実験データの解析や図の作成は、筆頭著者の山本助教が1人で行ったことを認めており、
他の共著者の不正行為への関与は認められなかったという。

会見した山中伸弥所長は「今回の論文は予定される臨床試験や他の教員とは無関係だが、
論文不正を防ぐことができず非常に後悔、反省している。
国民のみなさまに心よりおわび申し上げる」と述べた。
http://www.sankei.com/west/news/180122/wst1801220072-n1.html