ここから本文です

70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチーム(座長・片山さつき政調会長代理)が13日、こんな提言の骨子案をまとめた。超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよう厚生労働省などに求めていく。

 65歳以上とされている高齢者の定義を、日本老年学会などが「75歳以上」とすべきだとの提言をしたことなどを受けてまとめた。

 骨子案では、65歳までを「完全現役」とし、定年を65歳に引き上げることを求めた。そして、定年から70歳までを「ほぼ現役世代」として、それまでの経験を生かして地域と一体となった仕事や社会活動に参加してもらうとした。
いつもバカばかり書いているのでまじめに~

今後、労働人口が減っていくに当たって高齢者の考え方が変わってきています
今からは働ける間は年齢に関係なく働かなければならなくなります
ここで再生医療製品が活躍するわけです 軟骨 網膜 角膜 そのうち白内障なんかも人工レンズでなく再生医療製品かも?
まあ、いたるところメンテナンスして働くようになるでしょう
ロボットスーツなんかも売れるでしょうね