ここから本文です

カメラ事業は確かに苦しくなってきているが、複写機事業はそう利益が落ちているわけではないし、新興国に開拓余地もあるのでは。メディカルや監視カメラなどの新規事業も徐々に収益を生み始めているので、長い目で見れば成長余地がかなりあると思う。あまり短絡的な発想に走るのではなく、IR資料をよく読んでみることも必要では。