ここから本文です

減配の心配 18年12月期はたぶん無い 80円
      問題は来期 コンセンサスでは19年12月期は18年比で減益となる
つまり来期は今期以上に苦戦が予想されている。
ただでさえ米国のピークアウトが囁かれ、景気も落ち込むことが予想されている
今期は大きく増収増益となることが前提となるほど好環境にあったのである。
しかるに、この決算である。
対策も無い。
※来期の減配、株価の更なる下落に注意を払うべきである。
 株価の動きを注視し、慎重に判断することになりました。
 相場のことは相場に聞く。
 あほう鳥キヤノン対策会議。