IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

マイナス金利政策を批判するのは、日銀に求められる役割を逸脱して反って、日本経済にマイナスに成るからです。

本来の勤めは「物価安定を図って経済の健全な発展に資する」ことでしょう?
市場の自由取引の結果の株価に委ねて然るべき株購入や、国の借金拡大を推進する如き国債の買付け、揚句に経済の基礎的条件や体力を無視して目先だけの消費・投資をヨイショするマイナス金利などと・・。

今の日銀は時の政権に阿(おもね)て、迎合し過ぎです。
それは結局、政治の行き過ぎを許し、将来に禍根を残す短慮・軽挙に過ぎない事です。
誰かの様な得意気な結果論では無く、今より先行きを憂慮した私の実体験に基づく勝手な感覚です。

明日は、日銀などの発表を控えた取引低調から弱い市況でしょうが、長期投資の立場なら観客として見て居れば良い と思います(^^)。