ここから本文です

>>380

補足しますが
過失割合100:0が有り得るとは、法律執行の責任追及の上での事です。
直進車を不起訴にしたのはブレーキを踏む(事故を避ける余裕無い)事態としたのでしょう。

民事や損保では多分、幾分かの過失相殺が適用されるかも知れません。