ここから本文です

何時までも、カメラ、プリンターに固着して
いて、将来性がなく機関投資家は寄付かない!。
またブランドイメージと裕福な資金で、
経営者と製品開発部隊は胡坐をかいている。