ここから本文です

>>902

>法人からの税収が減ったのは法人所得が減った結果

1989年の消費税導入以来の法人所得の推移、数字で教えてください。
法人税率の年度別推移も教えてください。

内部留保は2001年度180兆円程度から2017年度446兆円に膨れ上がっていますが、どういう理由で260兆円も内部留保がつみあがったのですか?

  • >>904

    横から失礼します
    ◎>消費税導入以来の法人所得の推移、数字で教えてください。
    〇>法人税率の年度別推移も教えてください。
    ●>内部留保は2001年度180兆円程度から2017年度446兆円に膨れ上がっていますが、どういう理由で?

    ◎1989年からの数値は持ってませんが、10億以上の大企業5500社の当期純利益は2002年から2015年に関しては増減ありながらも4.2兆円から26.2兆円に増加しています。

    ○推移はネットで検索すれば出てくると思います。

    ●①先行き不透明感から企業が設備投資控えた
    ②法人税減税
    減税分が経済成長に寄与せず内部留保にまわった。
    その分消費税が肩代わりし、国民が負担した形で企業の減税分が内部留保に積みあがった。

    ③人件費の削減・・・正規雇用を減らし非正規雇用の拡大により(01対15年比の従業員給付一人当たり80.4%、因みに、役員給与は104.7%(笑))
    これを15年積み上げると結構な数値になりますよね。

    まぁ、法人税減税、所得税減税と抱き合わせ的な消費税で
    「法人の為」ってのも否定はしませんけど、致し方無い側面もありますよね。
    ネットでも色々載ってますのでご確認ください。
    尚具体的数値は、小栗崇資さんの資料からいただきました。

    さて、選挙に行かなくちゃ!
    企業が、内部留保から設備投資等経済成長に活用できる日本になるようにしてもらいたいものですね。
    (キヤノンの株価に直結する話題でなく失礼しましたm(__)m)