ここから本文です

>>1001

時代が古いから赤い教科書で歪んでませんか?
民主主義は実現して欲しい世の中を議員や大統領に託すものです。
つまり、贈収賄等の個人的な利益供与は法律違反ですが、憲法違反にならない範囲で法整備やインフラは問題になりません。
当選しなかった側の意見は非常事態でも起きない限り、最下位の優先順位でも全く問題ありません。
それが多数決の制度です。
しかし、できる限り良心に沿って優先順位を決めることは、議員さんの裁量に任されている権限なので、票を背負っていない者が問うべき問題ではありません。
今の世の中がおかしいのは、票を背負っていないマスコミが民意だと宣うところにあります。
政治の解説はしても賞賛や批判をする立場にはないのです。
これが一番民主主義を貶めている原因です。