ここから本文です

>>726

酒癖の悪い爺さんが絡んできた。
無視しても良いのだが、一度だけ反論しておく。

キヤノンは、経営計画で自社株買いの目標を公言している。
それは、金額ではなく、●●%の自社株買いをする・・・つまり株数の事だ。

今回の自社株買いは、そういう計画に基づく行動であり、
短期的には、もちろん、配当の負担を減らすため、
中期的には、将来、他の企業を傘下に収める時に
  社外から資金調達せずに、迅速に、株式交換で対応するため が考えられる。 

自社株買いの発表の際には、当然に、
  買取予定数とその買い取り額が公表されるが、
  それらは、相互に関連して、どちらか一方がその数値に達した時点で
  自社株買いは終了するわけだけれど、
  企業にとって、どちらが大事かと言えば、
  買取する株数である事は当然だろう。
  (金額は、あくまでも買取予算の限度を示しているだけだ。)