ここから本文です

>>718

ひよっこちゃん お久し振り^^
自社株買いの発表は、株数or金額の何れを上限とするものだから
単純に金額/株数で見ても余り意味ないと思うよ。

低金利の時代に在って
企業は負債(借入金など)を増やしてでも自社株買いをした方が、資金の社外流出を
節減でき、かつPBRの改善に因り一株価値を高めて株主還元に寄与する訳だから
企業にとって″願ったり叶ったり″だね!

元はと言えば
バブルの頃に資本増強し、その後の景気後退も有って資本金過剰になってる企業が多いんだよ。
この所の各社の自社株買いは、自然の動き(=流れ)と言えるだろうね。