ここから本文です

>>285

「国債発行と言う国の借金は、後世に付けを残すだけ」という理論に反論しようという貴方の主張の本意は理解できます。
したがって、貴方の投稿を全面否定するわけではありませんが、
理論上で言うのであれば、

>>国の借金は国民の借金じゃなくて、政府が国民にしている借金
 ●国債がすべて市中で消化されるだけなら国民からの借金だと言えますが、
  現状では、その46%を日銀が市場から買い集めているのですから、
  国民からの借金だというと、疑問です。
 ●外資ではなく国内で消化されている・・という事であれば同意しますが・・。
  (ただし、日本国債の6%余りは、すでに外資が保有しています)

>>国は円をいくらでも刷れる
 ●紙幣を発行できるのは、国ではなく中央銀行である日本銀行だけです。
  国が発行しているのは、硬貨です。

☆私も国債発行を容認する考えなので、貴方の主張も理解できる面はありますが
 認識の間違いは間違いですから、認識の訂正をお願いします。