ここから本文です

上場企業が資金調達をする方法は、一般的に2種類あります。
1つは、新たに株を発行して投資家から資金を集める「公募増資」、もう1つは「銀行からの借り入れ」です。 しかし、赤字が続く企業は信用力が落ちているので、これらの方法では資金調達ができません。そこで、やむを得ず「特典をつけて安くするから、株を買ってください!」といって、買い手(引受先)がお得になる条件をつけた、株を買う権利を発行します。これが「MSワラント」です。

MSワラントといえば「バイオ企業のお家芸」といわれるほど、バイオ企業が乱発するイメージがあります。赤字の会社が多いため、通常の資金調達方法をおこなえないからです。最近はバイオ企業に限らず使われているようです。これらの会社は、既存株主に平気で損をさせる会社です。決して手出しをしないようにしましょう。

※kabukiso.comより