ここから本文です

証券会社さんの分析にくわえて、ここからは私の見解ですが、やはりD600の欠陥騒動も大きいでしょう。完全な不良品を流布してしまい、集まるクレームをほったらかしにしてしまいました。あれはまずかったですね。今でもニコンを信用できないと考えるカメラユーザは多いでしょう。このカメラユーザーがどんどん減っていくのです。学校の写真部もどんどん縮小、廃部となっていると聞きます。どんどん小さくなるパイの中で最も信用されないメーカー、それがニコンです。一昔の中国人の間ではニコンは確かに一目おかれたブランドでしたが、d600の件もあって今では完全にバッタモンの扱いです。