ここから本文です

大正7年~9年、スペイン風邪が猛威をふるいました。発信源はアメリカの軍のキャンプ地で、第一次世界大戦参戦のため兵士が船と列車でヨーロッパに運ばれて感染が拡大し、パンデミックに。終息まで2年以上かかり、世界の総人口18億人のうち2,000万人が死亡したと推計されています。日本では2度の流行があり、人口5,400万の半数近くが罹患し、39万人が死亡しました。ウイルスの存在も知られておらず、抗生物質もなかった時代です。
それから100年。人類がどれだけ利口になったかが試されているという気がします。
一応は高齢者でしかも立派な糖尿なので。自分が南無阿弥陀仏にならないようにしなきゃね。