ここから本文です

想定してみる。
これまでのように悪い想定を。

寄り値が1673円でその後ズルズルズルズル下がり、1568円で引けることを。

リスクマネジメントとはそういうことだし、実際にそういったダダ下がりの局面もインターアクションは非常に多かった。

チャートを見れば明らかだし、値動きも荒く7月の安値は1400円をも下回っている。わずか2ヶ月も経たない前は1300円台だった。

それでも平静でいられるか?
それがリスクマネジメントだ。

たとえ逆の展開になろうとも変わらない。
平静でいられるか?
と。

そうシミュレーションしてみる。