ここから本文です

昨日公表されたナノシステムソリューションズの子会社化によって、今後の事業戦略体制が整備されたようで、同日午後4時30分より事業説明会が開催された。

HPに掲載された説明資料を見ると、FPD事業と半導体事業の両輪体制が視覚的によくわかる。

FPD事業の方は、これまでの事業に加え、FHMと縦型蒸着装置事業を日本の山形工場と中国のCHVT社で展開。中国では、大型パネル用レーザーアニール装置等を含めCECグループとがっちりタッグを組む姿勢が鮮明。

半導体事業についても、中国では中国企業との合弁会社Z―CSETで、国内ではナノシステムソリューションズを主軸に事業展開。

ブイ・テクノロジーは、2015年6月にNSKテクノロジーを子会社し、その後のカラーフィルター露光装置の大型受注につながっている。
期待が膨らみます。