ここから本文です

>>945

確かに次世代シーケンサーについては、日本は大きく遅れを取ってます。
ただし、断片化された膨大なゲノム情報を分析するCPUが日立製作所で
開発され国立遺伝学研究所に納入され19年3月から稼働してます。

以下日立製作所のIRのタイトル
ゲノム医療研究に活用される国立遺伝学研究所の
スーパーコンピュータシステムが稼働開始
Society 5.0がめざすAIやゲノム医療による個別化医療の実現を支援

これが救いといえば救いであり、ルマーダの腕の見せどころです。
やはり日立製作所がハイテクを買収して欲しいです。